開発の取り組み

商品開発の取り組みについて

商品開発は、太田市役所、群馬県庁、東京三洋などのOBの参加により開発チームを編成しています。初回は、災害時の破損した屋根の漏水対策のための、ブルーシートの改善品を商品化しました。引き続き、コロナ対策関連商品を含め、開発のテーマを発掘しながら、商品開発の取り組みを進めます。

2020・オリジナル商品の開発・産学官の連携

新型コロナウイルスの影響による、社会の変化を捉えて、産学官と連携しながら、新しい商品の開発に挑戦します。

2020・オリジナル商品の開発・産学官の連携

新型コロナウイルスの影響による、社会の変化を捉えて、産学官と連携しながら、新しい商品の開発に挑戦します。

*3D―CADにて設計したデータを元に、3D―プリンターにて製作します。
3D―プリンターは夜間の運転ができるので、翌日には製品の確認ができます。

*商品の検討風景。専門知識のあるアドバイザーを活用しています。商品の開発には、地元の異業種企業、群馬県の支援機関、大学関連の組織の支援を受けています。

組立風景

*工場内の組み立て作業風景。工場の建物面積は250坪。大きなサイズの製作品を作ることができます。溶接機やボール盤、定盤などの設備があり、作業台、治具、オリジナル生産設備は社内製作をしています。

フェイスシールドとPEガウン

*歯科医師に、3D-プリンターで製作した、固定式、可動式、ライト併用などのタイプのフェイスシールドを提供。
・ポリエチレン製のガウンを社内製作。

フェイスシールド

*上下の可動式フェイスシールド
3D-プリンターにて製作した、オリジナル商品。

手すり用非接触グッズ

*電車・バスの手すり用・非接触グッズ
只今、群馬大学関連の銅繊維の織物を活用した商品の制作を検討中です。

可動式換気商品

*可動式タイプの換気装置換気扇が取り付けできない部屋の換気を補助するものです。
殺菌効果の付加について、開発中です。

ご商談及び商品開発の工程表

お客様には、このような手順で商談を進めて参ります。

※3D プリンターの仕様
形式:フォータス250
製作寸法:250×250×300(H寸法)
製作ピッチ:0.2㎜
材料:ABS